『フラワーアレンジメント』 と『自然を楽しむ』サイト

初夏を告げるキングサリ

黄色の花穂が魅力的なキングサリ

5月〜6月にかけて見られる黄色の春から初夏の花です。
散歩道の公園でもこのキラキラと揺れるキングサリが咲き始めると夏がきたなと思います。

イングリッシュガーデンでも人気のキングサリ

イギリスやヨーロッパでは代表的な春の花木の一つとして公園などに植えられています。
国内ではあしかがフラワーパークのキバナフジが有名ですが、イギリスでもキングサリのトンネルでいつか訪れたいと思っているスポットをご紹介します。

ボドナントガーデン名物のキングサリのトンネル

ウェールズ地方にあるボドナントガーデンでは『キングサリのトンネル』が名物です。

キングサリのトンネルは約55mで5月下旬〜6月上旬頃に開花し、多くの人がそれを楽しみに訪れるようです。

『ラバーナムアーチ(Laburnum Arch)』、『ラバーナムウォーク(Laburnum Walk)』などと呼ばれます。

キングサリのトンネル(Arch of Yellow Viburnum flowers - Bodnant Garden, Wales)

キングサリのトンネル(Arch of Yellow Viburnum flowers – Bodnant Garden, Wales)

出典:Bruce / Adobe Stock

バーンズリー・ハウスのキングサリのトンネル

コッツウォルズ地方の名園バーンズリー・ハウスにある『キングサリのトンネル』は世界中のガーデニング誌を賑わせたようです。
キングサリの黄色とアリウムの紫色との対比が美しいお庭で、私もいつか行きたいスポットの一つです。

キングサリのトンネル(A Laburnum arch and flower borders of Allium giganteum in a country house garden)

キングサリのトンネル(A Laburnum arch and flower borders of Allium giganteum in a country house garden)

出典:Garden Guru / Adobe Stock
 

『バーンズリー・ハウス』とは
世界的に有名なガーデンデザイナーの故ローズマリー・ヴェレーさんのご自宅で『英国で最も美しい庭』と言われた庭です。

復活祭の飾り付けに

復活祭の飾り付けなどでも利用されるキングサリ。

国内のゴールドチェーン「きばな藤のトンネル」

国内では「あしかがフラワーパーク」で、約80mの「きばな藤のトンネル」が見られます。

キングサリは毒があります

英語でも「Golden Rain(黄金の雨)」と表現されるほど、そのキラキラとした姿はとても美しく公園や庭木などでも人気です。
こんな鮮やかで綺麗な花ですが、花だけでなく葉、樹皮、根などすべての部分にアルカロイドという毒性があります。
昏睡、嘔吐、痙攣などの症状を起こすことがあるようです。

その特徴によって、文化によっては見た目の美しさの持つイメージとは反対にネガティブなイメージとして取られることもあるようです。

キングサリの基本情報

花名:キングサリ
科名:マメ科
属名:キングサリ属
別名:キバナフジ(黄花藤)、ゴールドチェーン
学名:Laburnum anagyroides
英名:Gold chain tree
花期:5月~6月
花色:黄
花言葉:哀愁の美、淋しい美しさ、相思相愛

キングサリの仲間

  • シロツメグサ
  • エンドウ
  • クサフジ
  • スイートピー

など

参考:『コッツウォルズの名園 バーンズリー・ハウス』千早書房 桐原春子著 2011

Yuko

Yuko

『お部屋で楽しむイングリッシュガーデン』をコンセプトにフラワーギフトを制作しています。 様々な事情でお庭が持てない方々でも楽しめるようなサイトづくり、空間づくりを目指しています。

関連記事

TOP

イングリッシュガーデンのフラワーギフト